鎌倉、藤沢、湘南の不動産のことなら何でも
LIXIL不動産ショップ・株式会社イソダへ。

LIXIL不動産ショップ 株式会社イソダ

お電話でのお問い合わせは0467-39-6156営業時間 AM9:00-PM5:30

お電話でのお問い合わせは0467-39-6156

住宅ローンを利用しますか?それともお金を貯めてから?

住宅購入は、人生で一番大きな買い物です。それだけに資金計画をしっかり立てなくてはなりません。

今後のライフプランを考え、将来的にまとまった資金が必要になる場面、そのときに必要な費用、資金の額などを含めて考慮(例えば子どもの進学に必要な費用など)して、購入予定の住宅の税金や諸費用を含めた総支払額がいくらになるか、支払方法は、どんなローンを何年で返済するのか、それとも現金払いなのか、また、住宅ローンの場合は返済総額がいくらになるかなど、しっかりと見通しを立てることが大切です。

住宅ローンとは

自らが住むための住宅を購入する時に利用できるローン(借金)で、住宅金融支援機構の「フラット35」と個別の金融機関が独自に行っている住宅ローンの2種類があり、購入する住宅を担保にしてお金を借りることです。住宅ローンは高額な持家の取得をしやすくするため金利が低く抑えられ、返済期間は最長35年まで可能で、物件によって借り入れ条件や利用条件が異なります。住宅ローンの金利は、フラット35を含む固定金利型は長期金利(10年物の国債の利回り)を参考にし、変動型金利は短期プライムレート(銀行が優良企業に資金を融資する際に適用する最も条件の良い金利)を参考にしたうえで、そこに取扱金融機関が得る利益分などを加味して決定されるので、金利が上昇すると住宅ローンの金利も上がる可能性があります。(固定金利型住宅ローンで、すでに融資を受けている人は今後、金利がどれだけ上昇したとしても、住宅ローンの返済額が増えることはありません。)また、住宅ローンは、家が完成した後に融資が実行されることが原則なので、つなぎ融資が必要な場合があります。

※つなぎ融資とは

すでに完成している「分譲住宅」や「分譲マンション」は、物件を購入する時に住宅ローンを組むことができますが、「注文住宅」の場合は、物件が完成するまで住宅ローンを組むことができません。物件が完成するまでには、土地の購入費用や、家を建てるのに必要な費用(着手金・中間金など)を支払う必要があります。これらの支払いをするために受ける融資のことです。

住宅ローンの金利のタイプ

住宅ローンには複数の金利タイプがあり、金利はそれぞれ異なり、大きくわけると3つのタイプがあります。

 

全期間固定金利型

(借り入れから完済まで金利が変わりません。)

固定金利期間選択型

(固定金利期間中は金利がかわりません。一定の期間の金利が固定されます。)

変動金利型

(半年ごとに金利が見直され、月々の支払い金額の見直しは5年ごとに行われます。)

 

住宅ローン借り入れにかかる諸費用

火災保険料、団体信用生命保険料(借入者が死亡・高度障害状態になった際にローン残高が保険金で相殺される生命保険)事務手数料、保証料、抵当権設定費用、司法書士への報酬、印紙税(住宅ローンの金銭消費貸借契約を締結する際、かかります)等があります。

 

住宅ローン控除

正式には「住宅借入金等特別控除」と呼ばれる制度の通称です。返済期間10年以上の住宅ローンを借りて住宅を取得した場合などで一定の条件を満たしていれば、毎年の12月31日の住宅ローン残に対して一定割合相当が納めた所得税から還付される制度です。この制度は住宅を現金で購入する場合は使う事ができません。

 

現金で自宅を購入する

現金で家を買うメリットは、住宅ローンの負担がなく、住宅ローンの金利や手数料が不要で余分な支出が抑えられますので家を安く買う事ができます。しかし、住宅ローン控除不適応となり税金還付が受けられませんし手元にある資金も減ります。現金で支払ってもまだ資金が残っている状態であれば良いですが、貯金を全て住宅購入に充てるのは危険です。病気などで働けなくなる、会社が倒産する、高額な住宅設備が壊れる、妊娠や出産があるなど、急な出費に備えて手元に現金を確保しておきましょう。住宅を現金購入することにはメリットもありますがデメリットもあるため、よく把握しておく必要があります。

世帯主にもしものことがあった時、賃貸住宅住まいの場合は賃借権を相続することができるのでその住宅に住み続けることはできますが毎月の賃料は支払わなければなりません。完済済みの持ち家であれば、住居費の心配は少なくなります。また住宅ロ-ンを利用して購入した自宅の場合は、住宅ローンを借りるときに加入する団体信用生命保険(団信)」の団信契約によって支払われる保険金を債務残高の一括返済に充てることができますから、残された家族は安心してマイホームに住み続けることができます。つまり住宅ローンは、家族の生活を守るための生命保険のようなものなのです。

自宅購入の際には、じっくりと考えて自分にピッタリのライフプランを選んでください。

 

不動産や建築のことはもちろん相続や資金計画など、なにかお困りのことやご相談がございましたら、湘南・鎌倉で創業96年の建築会社の不動産事業部 リクシル不動産ショップ 株式会社イソダまでお気軽にお問合せください。お問い合わせはこちらから

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です